「インタビュー」の記事一覧

06.30 2021

「Le Theatre~encore~(ル・テアトル アンコール) 第2幕 浦井雅臣」冬ノ熊肉さんの収録後インタビューを公開!

「Le Theatre~encore~(ル・テアトル アンコール) 第2幕 浦井雅臣」が本日発売となりました!

発売を記念してキャストである冬ノ熊肉さんの収録後インタビューを公開いたします。


 

■収録の感想をお聞かせください。

雅臣との再会はとても嬉しく、同時に少し緊張しました。久しぶりのプレッシャーと言いますか……(笑)
とはいえ私と同様に雅臣も時を重ねていたので、積み重ねた時間も上手く表現に活かせたらと思いながら楽しく収録させていただきました。

■本編のなかで特にオススメのシーンなどはございましたか?

今回とある稽古のシーンがあるのですが、雅臣がへこんだり悩んだりする姿が見られます。
その時、雅臣とヒロインは?と個人的に印象深いシーンです。
また、居酒屋でのシーン。本当に何気ない劇団の飲み会なのですが好きですね。

■約二年ぶりに浦井雅臣を演じていただいたということで、雅臣の印象やヒロインとの関係性など、前作から変化を感じられたところはございますか?

裏方に楽しみややりがいを見出し制作に回った雅臣でしたが、そんな彼が視野を広げ挑戦し悩み、また進む先を見つける。いい経験をしてきたからこその今なんだろうなと。
ヒロインとはいい意味で変わらずさらに深く、近くなったなという印象ですね。雅臣、色々と甘えていました(笑)

■本作では雅臣が脚本・演出に初挑戦していましたが、冬ノ熊肉さんが新たに挑戦してみたいことがあったら教えてください。

新しくやりたいことは、ゲーム、でしょうか(笑)

■最後に、ユーザーさんへメッセージをお願いします。

encoreの機会がいただけてとても嬉しく、また雅臣の新たな日々を演じられて幸せに思っております。変わった部分、変わらない部分、彼の積み重ねてきた経験を込められるよう収録に臨ませていただきました。
encoreを楽しんでいただけましたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

 


冬ノ熊肉さん、ご協力いただきありがとうございました!

本作も素敵な作品となっております。みなさま是非お楽しみくださいませ……!

 

▼製品詳細
https://hanakagami.com/le-theatre-encore/product/second-act/

▼公式通販
https://hanakagami.com/shop/2040

03.24 2021

「恋ノ道・極 三ノ道 大鳳志桐」の発売を記念し、キャストである真野大さんの収録後インタビューを公開!

「恋ノ道・極 三ノ道 大鳳志桐」が本日発売となりました!

発売を記念してキャストである真野大さんの収録後インタビューを公開いたします。


 

■収録の感想をお聞かせください。

濃密!出し切りました…!ダミーヘッドマイクにめいっぱい愛を詰め込みました。細かくディスカッションしながら収録ができたので、本当に楽しかったです!達成感がすごい!そしてなぜか筋肉痛になりました…
余談ですが、スタッフさんからの差入れで頂いた、どら焼きの味が忘れられません笑

■真野さんから見た本作の見所や大鳳志桐の魅力はどんなところでしょうか?

視聴しているあなた目線で物語が進行していくのが見所ですね。シリーズを通してチェックされている方は更に物語に厚みを感じられるかと思います!
志桐くんは、大人っぽいなと思ったら急に子供っぽくなったり、好きな子には「それじゃわかんないよ〜!」っていう態度しか取れなかったり…照れると素直になれないんでしょうね!格好つけてるのに、格好つけきれないところが僕は大好きです!

■演じる際に特に意識されたことなどはございますか?

たくさんありますが…特に!どこで話しているのか、どんな状態か、何が見えているのか、志桐くんの姿勢とかクセとか…などなど!いつも気にすることではありますが、よりリアルさを意識して演じてみました。オラオラしているところと、たじろいでいるところと、志桐くんが持つギャップも意識したことの一つです。

■本作はタイトルに「極」とついていますが、真野さんが極めたいこと
もしくは極めたことがありましたらお聞かせください!

とあるゲームの音ゲーは極めましたね…プレイの仕方がキモいと友達によく言われました笑
今後は、例えばワインとかウイスキーとか、はたまたジャズとか釣りとか車とかバイクとか…オトナな趣味を極めてみたいです。お金かかりそー…

■最後に、ユーザーさんへメッセージをお願いします。

物語により入り込んで聴いてもらえるように、あなた目線を大事に!をモットーに、かなりこだわって収録させて頂きました!
恋ノ道・極の世界を皆さまのお耳を通して存分に楽しんで頂けたら嬉しいです!
手のかかる子かもしれませんが、一本筋の通った素直ないい男なので、志桐くんをどうぞどうぞよろしくお願いします!笑

 


真野大さん、ご協力いただきありがとうございました!

本作も素敵な作品となっております。みなさま是非お楽しみくださいませ……!

 

▼商品詳細はこちらからご確認ください。
https://hanakagami.com/koinomichikiwami/product/road3/

11.25 2020

『Le Theatre〜encore〜 第1幕 本条恭太郎』の発売を記念し、キャストであるテトラポット登さんの収録後インタビューを公開!

Le Theatre のその後を描いた新シリーズ「Le Theatre〜encore〜」、第1幕 本条恭太郎が本日発売となりました!

発売を記念してキャストであるテトラポット登さんの収録後インタビューを公開いたします。


 

■収録お疲れ様でした。収録の感想をお願いいたします。

恭太郎としては久しぶりの収録でした。
前と比べるとだいぶ優しくなったなと感じます。
自分と近しい職業の話だからこそ共感できる部分が少なからずあり、気付かされた部分も多い収録だったかなと思います。

■物語の中でおすすめのシーンといえばどこでしょう?

授賞式のシーンがあるのですが、そこからのやりとりはある意味前作から紡いできた関係性が結実したシーンのような気がします。
他人に誇れるというのはそういう事だと感じます。

■本条恭太郎を演じていただくのは約一年半ぶりとなりますが、以前と比べて本条恭太郎自身や主人公との関係性など、印象は変わられましたか?

恭太郎は厳しい面、優しい面、人間臭い面、様々な一面を持った人ですが、前作は厳しさに強くフォーカスされていたのに対し、今作は優しさと信頼感を多く感じられました。
主人公との関係の安定化によってこういった変化があったのは明白ですが…人間って変わるものですね。

■今回はヒロインと同棲を始めるところからスタートしますが、作ってほしい手料理、もしくは披露したい手料理はありますか?

苦手なものが入っていなければ、あとはもうなんでも良いです。
強いて言うなら得意料理かな。

■今回恭太郎が大学の講師に挑戦しましたが「挑戦してみたい!」ことはありますか?

カホンという打楽器は少し体験してみたいと思っています。
どう叩けばどんな音が出るのか、興味があるので。買う、練習するとなると音が大きいので憚られますが……。

■最後に、発売を楽しみにしているユーザーへメッセージをお願いします。

久々の続編。
前作を聴いて、あれからのお話が気になっている人も多いのではないでしょうか。
前作よりも、アップダウンは緩やかではありますが、その分対話を楽しめる内容になっていると思います。どうぞお楽しみに。

 


テトラポット登さん、ご協力いただきありがとうございました!

本作も素敵な作品となっておりますので、みなさま是非お楽しみくださいませ……!

 

▼商品詳細はこちらからご確認ください。
https://hanakagami.com/le-theatre-encore/product/first-act/

09.18 2020

9/30発売 『Jacks or Better 〜No More Bet〜 ディーラー ジル・ラグレーン』キャストの土門熱さん収録後インタビューを一足早く全公開致します。

9月30日発売!シリーズ新作

『Jacks or Better 〜No More Bet〜 ディーラー ジル・ラグレーン』キャストの土門熱さん収録後インタビューを全公開致します!


インタビュー内容

■収録お疲れ様でした。収録を終えた感想をお聞かせ下さい。

やはりこの作品の収録は楽しいです。
シナリオを読むだけでもワクワクしましたし、前作よりもアクションシーンが派手になっていて、まるで映画の撮影のような気分でした。

■ジル・ラグレーンを演じていただくのは約一年半ぶりとなりますが、以前と比べてジルやジルと主人公の関係性など、印象は変わられましたか?

いい信頼関係を築けていると思いました。
仕事上では。じゃあ男女としてはどうなのか?という点については、本編で感じてみてください。

■本作では男女の2人組「バディ(相棒)」がテーマの1つになっていますが、ご自身にとって「相棒」と呼べそうな「これがないと落ち着かない!」という必須アイテムはありますか?

ダミーヘッドマイクでしょう。

■物語の中ではジルが様々な形で勝負に挑むシーンが出てきますが、ご自身にとって「ここぞ!」という勝負時に食べるような、いわゆる「勝負飯」がありましたら教えてください。

肉ですね。とてもレアなステーキをいただきたい。可能なら生肉。直接エネルギーが漲る感じがします。

■最後に、発売を楽しみにしているユーザーへメッセージをお願いします。

こんなにも早く、またジルとしてお会いできて嬉しく思います。ありがとうございます。
前作よりもいろんな意味でパワーアップしていますし、特典も、もちろん精一杯やりましたので、お聞き流しなく。
よろしくお願い致します。

 

土門熱さん、ご協力ありがとうございました!!

皆様どうぞ発売日まで楽しみにお待ちくださいませ!

【特典情報】

公式通販&アニメイト様通販共通特典CD「Side Rouge ―Case of Gilles―」
もしもジルとあなたがルージュエノワールを摂取してしまったら?
あってはならないはずの過ちを犯した二人は、禁断の快楽に溺れてどこまでも堕ちていき――。
※この特典では、続編ゆえに本編ストーリー上ではありえなかったルージュエノワール服用によるSEXが、本編トラック3の途中から分岐する「もしものアナザーストーリー」として展開します。

ステラワース様限定特典CD「Lover’s Quarrel」
ほんの些細な出来事からケンカになってしまったジルとあなた。
売り言葉に買い言葉、ヒートアップしたジルはあなたを無理矢理ソファーに押し倒して――。

アニメガ様:数量限定缶バッジ

 

08.26 2020

本日発売『東京四角形-辻ヶ花サーガ-Scene:2 角筈祐輝』キャストの広山和重さん収録後インタビューを全公開致します。

本日発売!シリーズ新作

『東京四角形-辻ヶ花サーガ-Scene:2 角筈祐輝』キャストの広山和重さん収録後インタビューを全公開致します!


インタビュー内容

■収録お疲れ様でした。収録を終えた感想をお聞かせ下さい。

角筈の生い立ちから今に繋がる、なんとも今後のストーリーが気になる作品でした。
他のキャラクター達もきっと一癖も二癖もあるキャラが揃っているに違いなく、シリーズとして楽しめる作品です。

■“角筈祐輝”を演じるにあたり、こだわった部分がありましたら、お聞かせください。

角筈の過去から今への変化。
払拭したかのように見えながらも、心の奥底に引っかかる想いを描かれていない部分でも忘れないように演じさせていただきました。

物語の中でおすすめのシーンといえばどこでしょう?

二人きりのシーンももちろん聴きどころですが、二人の共闘シーンも好きです。
つい手を出したくてうずうずしてしまう彼女に少したじたじになるところが面白いです。

■本作では、「思い出の地」、「大切な場所」がキーポイントとなりますが、
広山和重様にとって、思い出の地や大切な場所、もしくは、行ってみたい土地などございましたら、お聞かせください。

富士山の頂上に登ってみたいですね!

■角筈は空手黒帯の持ち主ですが、小さいころ何か習い事などしていましたか? 
もしくは、習ってみたい習い事などあれば教えてください。

僕はこれといった習い事はひとつもしてきませんでした。
彼のように男らしい特技のひとつくらい、やり直せるなら挑戦したいですね。

■様々なシチュエーションドラマがありますが、今後演じてみたい役柄などありましたらお聞かせ下さい。

地球最後の二人、とか演じてみたいですね。
普通のドラマじゃなかなか描かれないシナリオになりそうです。

■最後に、発売を楽しみにしているユーザーへメッセージをお願いします。

「東京四角形-辻ヶ花サーガ- Scene2」は、シリーズをより楽しめる内容になっています。
各sceneから徐々に明るみになる真実を是非、楽しんでいただきたいです。
もちろん、そんなサスペンスシチュエーションに二人の絆を感じさせる描写もたくさんあります。物語の主人公になれる一枚、是非ご視聴ください。

 

広山和重さん、ご協力ありがとうございました!!

皆様どうぞお楽しみ下さいませ!