スタッフブログ
  • HOME »
  • スタッフブログ »
  • 2019年8月

月別アーカイブ: 2019年8月

30 2019.08

『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』キャストの冬ノ熊肉さん直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンを実施致します!

シリーズ最新作『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』の発売を記念しまして、
キャストの冬ノ熊肉さん、直筆サイン色紙プレゼントキャンペーンを実施致します!

本日2019年8月30日(金)から、2019年9月20日(金)までに、
作品のご感想をお問い合わせメールへお送り頂いた方の中から3名様に、
“冬ノ熊肉”さん直筆サイン色紙をプレゼント致します!
当選されました方には、締切日以降に、当選メールをお送り致します。

皆様からのご感想、お便り、お待ち申し上げます!

お問い合わせメール

28 2019.08

本日発売!シリーズ新作『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』キャストの冬ノ熊肉さん、収録後全インタビューを公開致します!

本日発売!シリーズ新作
『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』キャストの冬ノ熊肉さん収録後インタビューを全公開致します!!
※ネタバレを含む可能性がございますので、ご留意ください※

■収録お疲れ様でした!“浦井雅臣”を演じるにあたり、こだわった部分がありましたら、お聞かせください。
明るく、人懐っこく裏表なく演じられればと意識しながら演じさせていただきました。
キャストとスタッフの潤滑油みたいな、威圧感のない人になればいいなと。

■物語の中でおすすめのシーンといえばどこでしょう?
公演成功、そして相手のためと理解しつつも抑えられなくなっていくシーンです。

■本シリーズでは、“演劇”がキーワードとなりますが、今後演じてみたい役柄や時代設定などはありますか?
同情の余地のない悪人、みたいな人物に挑戦してみたいです。

■最後に、発売を楽しみにしているユーザーへメッセージをお願いします。
優しい雅臣ととある理由でちょっぴり意地悪な雅臣。そしてそのあと。そんな表情の変化が出せていればいいな、と思いつつ。
Le Theatre 第3幕をお楽しみいただけましたら幸いです。

冬ノ熊肉さん、ご協力ありがとうございました!!

皆様どうぞお楽しみ下さいませ!

cd1-300

16 2019.08

シリーズ新作『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』(CV:冬ノ熊肉)最新動画を公開致しました!

シリーズ新作 8月28日(水)発売予定 『Le Theatre(ル・テアトル)第3幕 浦井雅臣』(CV:冬ノ熊肉)最新動画を公開致しました!

劇場——それは、非日常の出来事が繰り広げられる空間
ここでは誰もが仮面をかぶり、本来の己とは異なる役を演じている
観客をひとときの夢に誘う(いざなう)ため、今日も舞台の幕が上がる

【Le Theatre とは?】
人間の心の暗部を描き、シリアスな愛憎劇を上演することで定評のある小劇場系の劇団ラグナロク。
その次回公演『魔性の女』は、一人の女性を主人公とした復讐劇で、情報公開と同時にファンの間で話題になっていた。
与えられた役を演じきるため、芝居を成功させるため、観客を喜ばせるため——舞台の上で、あるいは舞台裏で交錯する人間模様。
そしてあなたは、「彼」と出会う―

【あらすじ】
女優であるあなたは、劇団ラグナロクの次回公演『魔性の女』に客演することが決まった。あなたが演じるのは、主人公に虐げられ、裏切られながらも、彼女を親友として慕い、復讐に協力するという役どころ。初めて演じるタイプの役に戸惑いを隠せないあなたは、制作担当の浦井雅臣に役作りのサポートとして、「私をいじめてほしい」と頼み込む。
雅臣に冷たくあしらわれているうちに、次第に新たな感覚に目覚めるあなた。そして、雅臣も……。
二人の関係の行き着く先とは——?

【特典情報】

公式通販アニメイト様通販共通特典CD「Love Bites」
あなたが出演する舞台を見に来た雅臣は、終演後、相手役の男優が過剰なスキンシップをしている場面を目撃してしまう。ヤキモチをやく雅臣をラブホテルに連れ込み、「いつもより激しくいじめて」とおねだりするあなた。雅臣は部屋にあったオモチャと下着を手に取り……。

ステラワース様オリジナル特典CD「極道と未亡人」
ある日、あなたが買ってきた女性誌を雅臣と二人で読んでいると、そこには「マンネリを解消するためのSEX特集」という記事が。記事に従い、エチュード(即興芝居)を試してみることにした二人。「夫を亡くしたばかりの未亡人」と「亡くなった夫の借金を取り立てに来た極道」というシチュエーションは、次第に激しさを増していく。

  • twitter
Copyright © 花鏡 All Rights Reserved.