製品情報

物語

結婚して二年。
貴女は夫と共に団地で幸せに暮らしている。

そんな或る日、長く海外を放浪していた夫の兄である融が一週間の予定で帰国する。
事前にエアメールで夕食を共にする約束をしていたが、急遽早い便に乗れたということで、
夫不在の昼下がり、融が訪問してくる。
貴女は融を歓待するが、融は貴女たち夫婦の『密やかな悩み』を察知、
貴女を優しく慰め、「全部夫のせい」と囁き、貴女を――

ジャケット画像

斜陽のアネモネ
―義兄が愛しんだ花は咲いた―

CV
深川緑
発売日
2021年11月19日(金)
価格
1,650円(税込み)
メディア
ダウンロード販売
シナリオ
堀川ごぼこ
イラスト
竹中
音響制作
Sakurastreet
エグゼクティブプロデューサー
星マコト
制作
花鏡浪漫

18歳以上購入推奨作品

全編ダミーヘッドマイク使用

年齢
30歳
職業
雑貨衣料品の海外バイヤー
長らく海外を放浪している
身長
170cm 細身
性格
その場限りの快楽主義者。
真面目な弟とは対照的な存在。
人当たりはとても良く、
世界中どこででも、
誰とでも仲良くなってしまう。

試聴

インタビュー

斜陽のアネモネ~義兄が愛しんだ花は咲いた~

中原融(なかはら・とおる)役 深川緑 様

収録おつかれさまでした。
今回演じて頂いた、中原融の第一印象、また、こだわった点等
ありましたら教えてください。(おすすめのシーン等)

お疲れさまでした。
はじめ設定を読ませていただいた時は浮世離れした軽薄な感じなのかと思っていたのですが、
そんなことはなく、むしろ家族のこともそれなりに気にしていて、飄々としていても善悪の
区別もそれなりについている、しっかりとした人なんだと思いました。
そこを気取られないように接するよう心がけました、感じていただけると嬉しいです。
楽しい収録でした、ありがとうございました。
今回演じた中原融と似ている点、また、理解できないなぁという点等
ありましたら教えてください。

似ている点ですか・・・、難しいところですが、時代背景が昭和な感じなので、ギリギリその雰囲気を
知っている私としては、融の感じているこの時代特有の息苦しさといいますか、投げ出して自由を
求めた気持ちは理解ができますね。
私は次男なので長男の苦しみは想像することしか出来ませんが、責任なども大きい時代であったのは
間違いないですので。時代が変わってなかったら、私も安定した職業についていたかもしれません。
融のように行動にはうつせなかったでしょう。

近日公開予定

トラックリスト

序章:トラック0 「 幸せになる日 」

トラック1    「 来訪 」

トラック2    「 他の男の肌 」

トラック3    「 媚薬 」

トラック4    「 最終日 」

配信サイト