巨大ターミナル駅の、ほど近く。
時代に忘れ去られたようなエリアがあった。
江戸時代には染師が多く住み、「辻ヶ花町」と呼ばれていたそのエリアは、再開発の手をなぜか逃れ続け、未だに昭和の面影を保っていたが、人口は激減していた。

2016年。
オリンピック開催を控えた東京は、再び開発の嵐を迎える。

遂に「辻ヶ花町」にもその手は伸び、外資系大手デベロッパーがかつて「辻ヶ花神社」だった土地全てを買い上げるとの一報がもたらされ、住民たちは大混乱に陥る。

古い工房でたったひとり、今でも「辻ヶ花町」で染師をしている上槇は、下見にやって来たデベロッパーの話に疑問を抱く。

「この土地売買は、不法なものではないのか?」

上槇は小学校の同級生である探偵・羽沢に調査を依頼するが――。

「辻ヶ花町」で生まれ育った者たちが、複雑な想いを抱え、あなたと共にこの町を疾走する。
それぞれの、守りたいもののために。

「東京四角形 -辻ヶ花サーガ-」は、「ある晴天の土曜日」の一日を、人の主人公それぞれの目線から描いたシリーズです。

  • 辻ヶ花神社

    江戸時代には大きな神社だったが、昭和初期に廃れ、宮司もいなくなる。太平洋戦争時の空襲で焼失。戦後、その跡地に疎開から戻ってきた住民が住み着いた。
    神社は地元住民が小さな祠を建て、細々と守っている。
  • 上槇工房

    上槇が営む、自然染めの小さな工房。
    かつて近くに川が流れていたという土地を活かし、細々と藍等も育てている。住居と兼用。
  • 地面師

    地権者になりすまし、勝手に土地を転売し、最終的な買い手より多額の金銭を奪う詐欺師のこと。